手軽に飲める環境を作ろう|水素水サーバーの種類

ウーマン

飲みやすい青汁

野菜と飲料

健康に良い飲み物と聞いて多くの人が思い浮かべるのが青汁でしょう。野菜で出来た青汁は緑色の飲みものでいろいろな栄養が含まれています。青汁の主成分としてよく使われている野菜はケールや大麦若葉、明日葉などでしょう。ケールはいろいろな栄養が豊富に含まれている野菜で健康にいいのですが、苦味が強いという特徴があります。この苦味が嫌だという人はケールではなく大麦若葉を使った青汁を飲むといいでしょう。大麦若葉が主成分になっているものは抹茶のような味で飲みやすく、子どもからお年寄りまで気軽に口にすることができるでしょう。この大麦若葉という野菜は生命力の強いイネ科の植物で、イラクの辺りで古くから栽培されているものです。栄養豊富なケールに負けないくらいいろいろな栄養が詰まっているもので、食物繊維や鉄分、カテキンやクロロフィルなどが含まれています。食物繊維が豊富なので、便秘の解消や腸内環境の改善に役立つでしょう。鉄分はミネラルの1つで、体内では酸素を運ぶ役割をしています。青汁の原料のなかでも鉄分を1番多く含んでいるのが大麦若葉です。また、大麦若葉にはSOD酵素というものが含まれています。これは体内を錆びさせ老化を早める余分な活性酸素を除去してくれるものなのです。この酵素が豊富な大麦若葉の青汁を飲むことで体のサビを落とし若々しく健康な体を手にすることができるでしょう。お年寄りはもちろん、ビタミンやミネラルも豊富なので子どもにも適しています。